膵臓癌と共に~

標準治療を選ばなかった私の生き方

入院3日目の続き

 夕方看護師さんが来て、「今日の夕食から食事でますよ」と言ってきた。

まだ一滴の水さえ許可が出てないのに、食事? おかゆかな?おもゆかな?

と思って聞いてみると、普通食ですよ と言うではないか。エーいいのかなー?

その後来た看護師さんに「いきなり普通食でいいんですか?」と聞いてみると

「んー 普通はおかゆですけどね? オーダーが出ているんだからいいんでしょう」

と言う。

メニューは鶏のから揚げ、生野菜サラダ、オレンジ2切れ、みそ汁にご飯。

どれも消化に悪そうで、から揚げは衣をはがして半分ほど、サラダも半分以下

オレンジは果汁のみにし、ごはん、みそ汁も半分以下 3日振りの食事ながら少しも美味しくない。

用心しながら何とかそれだけ食べて、洗面を済ませて、暫くすると

胃のあたりが激しく痛み出した。

看護師さんを呼び出して訴えると、痛み止めの注射をしてくれた。

30分ほどベッドで丸くなっていると

徐々に治まってきた。今度はお腹が渋りだしトイレに行くと、やはり出血している。

翌日は退院予定日だけれど、あれから何も言ってこない。

いくらできるだけ早く退院したいと思っても、無理だろう。

退院なら 娘が迎えに来てくれることになっているが、

家から1時間以上かかるので早めに連絡しなければならない。

しかし明日の朝の血液検査次第で、輸血をすると言っているので、なんともしようがない。     この日はなす術もなく眠る